早いものでもう年末、年の瀬
昨年の今頃はお客様先での常駐作業とXPサポート終了に伴う
PC入れ替えに追われていました。

年末年始を迎えるに当たりこの時期に増えるのが<strong>マルウェア(ウィルス)</strong>です!
諸説ありますが休み中の暇つぶしに悪戯目的で作成しているとかいないとか・・・

そこで、そもそもマルウェア(ウィルス)とはなんぞや!?ということで
定義を調べてみました。

以下 WikiのURLです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

つまるところ公的な定義の③が皆さんが懸念される部分です。
3.発病機能 プログラム、データ等のファイルの破壊を行ったり、設計者の意図しない動作をする等の機能

そして、皆さん1度はご覧になったことがあるとおもいますが、
PC起動後のセキュリティー警告や意味不明なPOPup。
起動の妨げになるほか消すのが面倒でたまりませんっ!

しかしこれに関してはマルウェアであってウィルスではございません。
ウィルスとはマルウェア内コンピュータウィルスという感じです。

ただ、日本では2011年の刑法改正で新設された「巣性指令電磁的記録に関する罪」の中で
「意図に反する動作をさせるべき不正な指令」を犯罪と規定しているので纏められてしまっていますね。。。。
最近の対応からですとPC起動後にPOPupが出るというお客様
拝見すると確かに出ます。それも3つ!

「なにが動いているのかなぁ~」ってタスクマネージャーから見てみると
mshta.exeがいますね。後ろの「.exe」は起動プログラムなので1つはこれで確定ですね。
しかし、このプログラムはWidowsの基礎プログラム関連付けられているのでそのまま削除はできません。PCの基礎プログラムから削除を試みます。
そして成功っ!

では次行きましょう。

まだ2つ出てくるのですが不要プログラムは見当たりません。
PC起動時に出てくるのでスタートボタンから「全てのプログラム」&gt;「スタートアップ」
とみていきます。いないのですかさず「msconfig」を打ち込みます。
怪しげなプログラムが見つかりましたのでそれを止めます。

最後の1つはどこにいるのかなぁ~

Windowsのタスクをみると起動時にタスクが追加されてるではありませんかっ!
「registry booster」と書かれてるコレを止めます。

その他怪しい個所が見当たらないので、再起動して動作を確認します。

この瞬間、結構ドキドキします・・・
この仕事に就いたばかりのころ「治りました~お客様!」って言った後の
「どれどれ?」って確認して頂くのですが、その際、再現してしまうなんてことがしばしばしかし今回は成長の現れかPOPupも出現せず
お客様もこれで安心して知人の方に譲ることができると満足されていました。

今後もこのような現象がより巧妙になって散見されることと思いますが、
日々情報を集めお客様の満足を頂戴しようと思います!